2011年03月15日

避難者名簿が画像でアップされてます

ニュースで原発のことを聞くたびに、
例えようのない、複雑な気持ちになります。
余計な心配なのか、本当なのか、わからない!

それでも、苦しんでる人たちが山を越えたところにいる。それが現実です。
今も救助に向かって頑張ってくれてる人たちがたくさんいます。
みんな、がんばって〜〜〜!!!

安否を確認できず、不安に思ってる人がたくさんいます。
さっき、やっと仙台の友人と連絡がとれました。電波&電気が使えなかったようです。
携帯が少しつながるようになったとはいえ、現地はまだまだ混乱してると思います。
行ける人は危険を承知で避難所をまわり、人を探して歩いてるようです。
ただ、むやみに遠くからいっても、ガソリンが切れたり食料調達が大変だったり
かえって迷惑をかけてしまう恐れもあるので気をつけてくださいね!

ここでできることがないか…と思って↓を転記します(情報:NHK
どこかの誰かの役にたてば…。

***

検索サイト最大手のグーグルは、東北地方の被災地の避難所に避難している人たちの名簿を撮影した画像をインターネットで公開し共有するサービスを開始しました。画像が公開されるサイトのアドレスは、http://goo.gl/ganbareです。

このサービスは被災地の避難所で公開されている、避難している人たちの名簿を、避難所の名前とともにインターネットで公開し多くの人が情報を共有するものです。画像は、避難所にいる人がカメラ付きの携帯電話やデジタルカメラなどで撮影して、メールでグーグル社に送ると自動的に公開される仕組みです。画像を送るメールアドレスは、tohoku.anpi.google@picasaweb.comです。送られた画像は、自動的にインターネットの画像共有サイトで公開され、サイトにアクセスすれば各避難所の名簿を確認することができます。画像が公開されるサイトのアドレスは、http://goo.gl/ganbareです。

***

表示されてる画像の下に、
投稿してくれた人がテキスト(文字)で名前を打ち込んでるので
画像で探すよりも検索しやすいと思います。

テキスト(文字)を検索するときは、
ctrl+Fキーを同時に押すと検索バーが出てきます。
そこにテキスト(文字)を打ち込んで検索してみてください。

苗字だけ、名前だけ、ひらがな、カタカナいろいろ試してみてください!
なくても諦めないで!いつかきっと!!



とはいいつつ。ネットでの安否確認は気休めです。
本人と連絡がつくまで安心できません。
名前が記載されていても、されていなくても
最終的にはきちんと連絡をとりあったり、面会して確認してください。
情報はあくまで情報です。確実ではないこともご理解ください。


◆グーグルで避難者検索サイトもたちあがってます。ご活用してください。
http://japan.person-finder.appspot.com/
私の弟夫婦も載っていて、さっそく生存していると報告しました。

◆岩手日報の避難者リスト
http://www.47news.jp/47topics/e/200115.php

◆IBCの安否情報
http://saigai.ibc.co.jp/anpi/

岩手県の安否確認専用電話019-629-6911
 平日午前8時30分から午後10時まで
 土日祝祭日は午前8時30分から午後6時まで

岩手県警の行方不明者相談窓口0120-801471


なかには情報が重複してるものもあると思いますが、
できるだけいろんな情報があればいいのかな、と。
取り急ぎ、わかる分だけお伝えしておきます。


無力なりに、少しでも、誰かの役に立ちたい。


※ここの情報はある程度日数がたったら削除します。


posted by ミズサキノート at 12:31| 岩手 ☁| Comment(4) | お知らせ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ連絡取れない友人がいます。
都会の計画停電で、困ってるというのをテレビでみて、憤りをかんじました。食糧の買いだめもしかり。自分は我慢しても子供には…っていう同世代のお母さんをみて自分に無力感です。
原発、なにもしらなかった。次男が甲状腺疾患かもで人事じゃないです!心配です
Posted by しずく at 2011年03月15日 21:00
スキー部のまきこです。
ゆきさんご無事で良かったです!
生活はいろいろ苦難あると思いますが、本当に無事で良かったです。

下の現場の写真を見て涙が出ました。
ニュースで見るより生々しい情報であらためて事態の大きさに心が傷みました。私も赤十字募金しました。

それと、今、避難者リストの写真から、大学の友人の名前を発見できました!
確実ではないといえども、今まで誰も連絡つかずだったけれど、だいぶ安心できました。安否確認電話でも聞いてみたいと思います。

情報ありがとうございます!!

食料やライフラインもひとまずある状況の自分がどうやってお声をかけたらいいのかわかりませんが、
一日も早く余震がおさまり、暮らしが落ち着きますようにと願ってます。








Posted by まきこ at 2011年03月16日 03:06
☆しずくちゃん

お友達は連絡とれたかな…。
これだけの巨大地震のダメージを与えながら
無情に降り注ぐ雪が腹立たしいです。

いろんな物資が来てるけれどガソリンがなくて
赤ちゃんのおむつ、生理用品、下着、衛生用品…など
届けられずに困ってるとききます。
また、山間部などの注目されていない避難所には
物資がまったく届いてないともきくので心配です。
週末、従兄弟が陸前高田に行くというので
もらせられるだけ物資を渡せたらと思ってます。
本来なら断られる家族ルートの小さな支援。
普通自動車のトランク1台分でしかないけれど、
小さな部落のささやかな救いになれば…と思います。

電力の人たちも危険を承知で作業してると聞きます。
どうか無事に、どうか最小の被害で
今の危機を脱出してほしい!!Fight!!




Posted by ゆきだるま at 2011年03月18日 01:20
☆まきこ

心配ありがとう!こっちもライフラインは大丈夫です。
沿岸と仙台や福島の方が大変そうで胸が痛いです。

現場にかけつけたいと思いつつ、
いま行って何ができるのかを考え、いまは江刺にいます。
まずは救援物資が円滑に運ばれるようになってほしい!

そして、リストの活用、ありがとう。
いたずらも流行ってるから載せるの怖かったけど
それでも情報がほしい人たちがいっぱいだろうから…。

岩手と宮城と福島でも情報の流れ方が違うので
まずは各県のサイト→テレビ/ラジオ/新聞のメディア
のサイトものぞくといいと思います。

簡単に人がいける場所ではないぶん、
メディアの方々が必死に情報を集めて届けようとしています。
(いろいろ、非難もあるみたいだけど)
みんな、みんな、頑張れ〜〜!





Posted by ゆきだるま at 2011年03月18日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。